0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2014年1月16日木曜日

ロマゴンがL・フライ級王座を返上

ロマゴンがL・フライ級王座を返上(ボクシングニュース)

ゴンサレス

 WBA世界L・フライ級“スーパー”チャンピオン、ローマン“チョコラティート”ゴンサレス(ニカラグア)が14日(日本時間15日)タイトルを返上。今後3階級制覇を目ざし、フライ級王座をターゲットすることを明かした。ゴンサレス(37勝31KO無敗)は2010年日本でフランシスコ・ロサス(メキシコ)を2回KOで下し、WBA世界L・フライ級王者に君臨。その後スーパー王者に昇格した。

 ゴンサレスは昨年11月、日本でノンタイトル戦を行い、オスカル・ゴンサレス(メキシコ)に2回TKO勝利。現地ニュースではゴンサレスは3月にリング復帰を希望しており、フライ王者の標的トップに八重樫東(WBC)、第2候補にフアン・カルロス・レベコ(WBA)を挙げている。