2014年1月19日日曜日

パスカル、ブーテ振り切る

パスカル、ブーテ振り切る(ボクシングニュース)

ブーテに襲い掛かるパスカル(左)

 カナダのビッグマッチ、18日(日本時間19日)モントリオールのベル・センターで行われた元世界チャンピオン同士のL・ヘビー級12回戦はジャン・パスカル(ハイチ=カナダ)がリシアン・ブーテ(ルーマニア=カナダ)に3-0判定勝ちを飾った。

 サウスポーのブーテが前がかり、オーソドックスのパスカルが迎え撃つ展開でスタート。ここで優位に立ったのはコーナーにロイ・ジョーンズが陣取ったパスカル。断続的にパワーパンチを叩き込んでリードを広げる。中盤も随所にロイ・ジョーンズばりの動きを見せるパスカルが攻勢をかけ、ブーテはダメージを感じさせる。ところがラスト2回、ブーテの反撃にパスカルは四苦八苦。とくに最終12回はブーテの乱打を浴びて防戦に回った。パスカルの失速は意外だったが、それまでの貯金が効いてスコアはユナニマス。116-112、117-110、117-111でパスカルの手が上がった。

 パスカルはNABFライトヘビー級王座を防衛。同時に空位のWBC同級ダイヤモンドベルトを獲得した。

 セミのヘビー級10回戦はWBC5位マイク・ペレス(キューバ=アイルランド)がカルロス・タカム(カメルーン=仏)とドロー。後半攻勢に転じたタカムには不運なスコアだった。ペレスはWBC傘下のUSNBCヘビー級王座を防衛。Photo/BoxingScene.com