2013年2月18日月曜日

ブロナー 2度倒しTKO防衛

 

 WBC世界ライト級タイトルマッチが16日(日本時間17日)米アトランティックシティのボードウォークホールで挙行され、王者エイドリアン・ブロナー(米)が挑戦者ギャビン・リーズ(英)に5ラウンド2分59秒TKO勝ち。昨年11月、同会場でアントニオ・デマルコ(メキシコ)から奪った王座の初防衛を果たした。

 序盤1、2回は予想絶対不利のリーズが積極的に手数を出して試合を盛り上げる。しかし3回からブローナーが地力を発揮。4回、見事な右アッパーで英国人を倒すと、5回にも右ボディーでダウンを追加。ラウンド終盤ラッシュすると、リーズのチーフセコンドがタオルを投入した。
 ブローナー(23)は26勝22KO無敗。元WBA・S・ライト級王者リーズ(32)は37勝19KO2敗1分。