2014年2月4日火曜日

リナレスvs荒川正式発表、WBC挑戦者決定戦に

 八王子中屋ジムは4日、元2階級制覇王者ホルヘ・リナレス(帝拳=WBCライト級5位)とWBC同級2位の荒川仁人(八王子中屋)が3月8日、米ラスベガスのMGMグランドアリーナで対戦すると発表した。試合はWBCライト級挑戦者決定戦として行われる。

荒川vsリナレス正式決定(ボクシングニュース)

 荒川は昨年7月、米テキサス州サンアントニオでオマール・フィゲロア(米=現WBC同級王者)に敗れて以来の再起戦。いきなり大一番を迎えた荒川は「いつかやってみたいと思っていた相手。試合が決まってうれしい」とリナレス戦を大歓迎した。既に3月8日に向けて準備を進めており、今月26日には日本を発つ予定だ。

 2年以上世界タイトルマッチから遠ざかっているリナレスは、3階級制覇に向けて絶対に負けられない一戦となる。現在はラスベガスでトレーニング中。リナレスが日本人選手と対戦するのは03年7月のサンダー伊藤戦以来。

 同日のメインイベントは昨年フロイド・メイウェザー(米)との対戦で200億円を超える興行収入を叩きだしたサウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)の復帰戦。米国では当日、メインなどの数カードをペイパービューで放送し、荒川の試合はプレミアムケーブルチャンネルShowtimeで全米に生中継される予定(この日は無料放送)。=写真・八王子中屋ジム・ブログ提供=