2014年2月14日金曜日

五輪銅メダルの清水が現役継続宣言!

 ロンドン五輪のバンタム級銅メダリスト、清水聡(自衛隊体育学校・27歳)が今後も現役を続けると明らかにしている。

五輪銅メダルの清水が現役続行宣言(ボクシングニュース)

リオに向けて現役続行を決めた清水

 ロンドン五輪では金メダルを獲得した村田諒太より早く銅メダルが確定し、日本のアマチュアボクシング史上44年ぶりの五輪メダル獲得という記録男になった清水。その後は村田がプロ転向したこともあり、アマチュアボクシングの顔として東京五輪招致活動に駆り出されたり東日本震災の被災地を訪れ激励したりの「社会貢献活動」に忙殺されていた。試合から遠ざかり、このまま引退説もあったが、先ごろ初めて進退について口にし、選手生活を継続すめる結論を明らかにしたもの。すでに日本ボクシング連盟の山根明会長にも報告しているという。

 親友でもある村田を意識して?「リオで金メダル獲って村田を超えるのが僕の目標です」とビッグな野望も口にしている。戦線復帰は4月にも予定されるアジア大会(韓国・仁川)の日本代表選考試合になりそう。今月から自衛隊体育学校で通常のトレーニングに戻っている。ボクシング・ビート3月号で特集あり。