0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2014年2月26日水曜日

最新日本ランキング発表 新たにL級原田門戸ら

 
L級原田門戸が日本ランク入り(ボクシングニュース)

原田門戸

 JBC(日本ボクシングコミッション)は25日、都内でランキング会を開き、最新2月度の日本ランキングを作成した。今月はL・フライ級の木村悠(帝拳)、S・フェザー級の内藤律樹(E&Jカシアス)が新たにチャンピオンの座に就いた。
 
 初のランク入りを果たしたのはライト級のフィリピン出身の原田門戸(横浜さくら=14位)。またS・フェザー級で柳達也(伴流=13位)と福原寛人(江見=14位)が再ランクされた。ほかフライ級の石田匠(井岡)はS・フライ級に、そしてS・フライ級の石崎義人(真正)がバンタム級へそれぞれ転級。
 
 引退を表明したL・フライ級佐野友樹(松田)、バンタム級村井勇希(グリーンツダ)、S・フェザー級松崎博保(協栄)の名前が消えた。