2014年3月3日月曜日

IBF女子L・フライ級、柴田が初防衛に成功

 ひな祭りの女子トリプル世界タイトルマッチ「G Legend6」が3日、後楽園ホールで行われ、世界戦トップバッターのIBF女子世界L・フライ級王者柴田直子(ワールドS)は同級11位グアダルペ・マルティネス(メキシコ)を3-0判定で下し、初防衛に成功した。スコアは98-93、98-92、99-91。

IBF女子L・フライ級、柴田が初防衛(ボクシングニュース)

スタイリッシュなボクシングで勝利した柴田(右)

 昨年11月、3度目の挑戦で世界タイトルを獲得した柴田が危なげないボクシングを見せた。序盤こそ緊張から、ひたすら前に出てくるマルティネスに付き合って打ち合う場面もあったが、後半からは完璧な試合内容。脚を使いながらビシビシとジャブをあてて試合をコントロールし、右ストレートやアッパーを効かせて文句なしの判定勝ちを収めた。

 戦績を12勝3KO3敗とした柴田は「世界チャンピオンがたくさん見ていたので、情けない試合はできないと思った」と初防衛戦に安堵の表情。攻め手がなかったマルティネスは6勝3KO6敗。試合の模様はスカイAで15日(土)19時から放送予定。