2014年3月15日土曜日

WBOランキング、岩渕、翁長、黒田がランクイン

WBOランキング、岩渕、翁長、黒田がランク入り(ボクシングニュース)

岩渕真也

 WBOの最新ランキングが15日発表され、日本勢ではS・ライト級の岩渕真也(草加有沢)が11位にランクされた。S・フライ級の翁長吾央(大橋)が11位に、フライ級の黒田雅之(川崎新田)が15位に入った。岩渕は2月28日、WBOランカーだったジムレックス・ハカ(フィリピン)を撃破した結果。翁長と黒田はIBFに続くランク入りとなった。

 王座交代は2階級。ライト級はテレンス・クロフォード(米)がリッキー・バーンズ(英)を下して新王者に。クロフォードは月間MVPにも選ばれた。S・ミドル級はアルツール・アブラハム(アルメニア=ドイツ)がロバート・スティグリッツ(ドイツ)に競り勝ち王座に返り咲いた。

 フェザー級は前王者オルランド・サリド(メキシコが)が体重超過でタイトルはく奪。タイトルマッチで挑戦者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)がサリドに勝てば王座に就くはずだったが、試合はサリドの勝利で王座は空位のまま。