②excite_650x150_b

②excite_650x150_b

2014年4月3日木曜日

土屋、奮闘及ばず10回TKO負け 豪州

土屋が豪州で世界ランカーにTKO負け(ボクシングニュース)

土屋修平

 日本S・ライト級12位の土屋修平(角海老宝石)が3日、オーストラリアのメルボルンでIBF同級8位レニー・ザッパビグニャ(豪州)と12回戦を行い、10回1分21秒TKO負けを喫した。試合はWBOオリエンタル同級王座決定戦として行われた模様。

 現地からの情報によると、土屋はリードをうまく使ってまずますの立ち上がりを見せたが、4回にカウンターを合わせられてダウン。土屋がこのピンチを切り抜けると、試合は激しい打撃戦となった。

 土屋の左フックがクリーンヒットする場面もあり、会場は大いに盛り上がったというが、パワーとパンチ力で勝る豪州人のプレッシャーを受けて土屋は徐々に失速。10回にダメージを受けたところでタオルが投入された。

 敗れた土屋の戦績は15勝13KO3敗となった。キャリアの差を見せつけた形のザッパビグニャは31勝21KO2敗とした。