2012年12月4日火曜日

冨山、5ポイント差守れず大塚とドロー

 4日後楽園ホールで行われたワタナベファミリー興行のメイン8回戦は、冨山浩之介(ワタナベ=日本S・フライ級6位)が大塚隆太(18鴻巣)と引分けた。

 
 冨山は初回に右、2回に左でダウンを奪い圧倒的優位に立ったが、ここからリキんでボクシングが崩れる。一方、2回にホールドの反則で減点され、都合5ポイントのハンデを背負った大塚は「あせったけれどセコンドが大丈夫だというので」(大塚)と我慢。持ち前のスタイルを崩さず挽回へと打って出る。
 大塚はいい練習をしていることをうかがわせる体幹の強さをベースに猛追。6回には右を打ち抜いてダウンを奪うなど、狙って振り回し自ら消耗を加速させた富山を何度も追い込んで終了ゴング。
 競った試合は75-74(富山)、75-75、74-74のスコアで引分けた。5ポイント差を生かすどころか守れなかった冨山は「最初にダウン取るといつもこう。いつでもイケると集中力がなくなってしまう」と反省。

 セミ8回戦はウェルター級に転向した和宇慶勇二(ワタナベ=8位)がエクナムポン・モークルンテープ(タイ)を初回2度倒してTKO勝ち。再起に成功した。


 また元日本フェザー級王者の梅津宏治(ワタナベ=12位)は、伊藤健剛(本多)とタフな打ち合いを展開した末、2回と8回にダウンを奪いTKO勝ち。伊藤に意地の反攻を許す厳しい試合となったがこちらも再起を果した。


 6回戦は番狂わせ。WBCミニマム級15位のベテラン國重隆(ワタナベ)がノーランク大平剛(花形)に57-58,56-58,56-59の判定で敗れた。


 この日は元東洋S・フェザー級王者・川村貢治(横浜光-ワタナベ)の引退式が行われ、川村は福原力也とのラストスバーのあとテンゴングを聞いた。現在はRK鎌田ジムでトレーナーをして後進の指導にあたっている。