2014年4月21日月曜日

クイッグ楽勝、ムニャイを2回でストップ

 英マンチェスターのホーンズ4uアリーナで19日行われたWBA世界S・バンタム級タイトルマッチは“レギュラー”王者スコット・クイッグ(英)が挑戦者9位ツシフィワ・ムニャイ(南アフリカ)に2回1分56秒TKO勝ちで3度目の防衛に成功した。

 柔らかい上体の動きで王者のラッシュに対抗するムニャイだが、初回終盤、クイッグの左カウンターを食らいダウン。クイッグは立ち直る時間を与えず2回半ば、スナップの効いた右でまた倒す。再開後、顔面を集中砲火するとレフェリーが割って入った。

 クイッグ(25)は28勝21KO2分無敗。1週間前、暫定王者ネオマル・セルメーニョ(ベネズエラ)の代役として挑戦者に抜擢されたムニャイは準備期間が少なかったようだ。24勝12KO3敗1分。Photo/BoxingScene.com