0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2014年6月8日日曜日

IBFバンタム級、バトラーがタイトル獲得

 7日(日本時間8日)英国ニューキャッスルのメトロ・ラジオ・アリーナで行われたIBF世界バンタム級タイトルマッチは、無敗の同級11位ポール・バトラーが王者スチュアート・ホールとの英国対決を2-1判定で制して王座を獲得した。

 WBCではS・フライ級7位にランクされるバドラーは同級の英国、英連邦、WBA&WBOインターコンチネンタルの4冠を保持する。そのバドラー(25)が前半、ジャブから右強打をヒットして攻勢。ホールは5回、左マブタをカットする。しかし中盤に入るとホール(34)が奮起。後半、何度か挑戦者にダメージングブローを叩き込み逆転したかにも見えた。しかし公式スコアは115-113と2者が割れ、もう1人は117-111でバドラーを支持。王者が交代した。 

 バトラーは16勝8KO無敗。リマッチを望むホールは16勝7KO3敗2分。バドラーはレオ・サンタクルスが王座返上後、3人目の王者になる。順当なら次戦で大場浩平(真正)を下して指名挑戦権を獲得したランディ・カバジェロ(米)と対戦する。バンタム級はWBC王者に山中慎介(帝拳)、WBO王者に亀田和毅(亀田)が君臨。