0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2014年6月9日月曜日

小原が岩渕とS・ライト級頂上決戦 8.11後楽園ホール

 OPBF東洋太平洋S・ライト級王者の小原佳太(三迫)が8月11日、後楽園ホールで行われる「ダイヤモンドグローブ」で、元日本同級王者の岩渕真也(草加有沢)を迎えて初防衛戦を行うことが決まった。同じ興行で、S・フライ級王者の戸部洋平(三迫)は指名挑戦者の石田匠(井岡)と初防衛戦を行う。9日後楽園ホールのリング上で発表された。

 小原と岩渕はそろってリングイン。最初にマイクを持った小原は「半分怖くて、半分は楽しみ。タイトルやランキングに関係なく、問題はどちらが強いか。8月11日に結果が出るので会場で見てほしい」とファンにアピール。岩渕は「大きな舞台で小原選手と試合できるのは楽しみ。ファンも望んだガードだと思う。全力を尽くす」と必勝を誓った。

 岩渕は23勝19KO4敗のサウスポー。小原よりひと足早く日本タイトルを獲得し、現在はWBO同級12位にランクされている。チャンピオンの小原は10勝9KO1敗。強打者同士の対決はファン垂涎の好カードだ。