2014年6月21日土曜日

パッキャオの相手にカーンが浮上、11.22マカオ

 中量級のビッグネームの1人アミール・カーン(英=WBCウェルター級シルバー王者)が11月22日マカオで予定されるWBO世界ウェルター級王者マニー・パッキャオ(フィリピン)の対戦者候補に挙がっている。英国のスカイスポーツや米国のメディアが伝えたもので、カーン自身も認めている。

「私はメイウェザーとともにパッキャオ、マルケスらビッグネームとの対戦を望んでいる」と語るカーンは9月予定のメイウェザー戦の相手にノミネートされている。しかしパキスタン移民の息子でイスラムのカーンは「9月はラマダン(断食)の月で試合ができない」と発言。2ヵ月後のパッキャオ戦に意欲を見せる。ちなみにカーンはパッキャオとは以前、ワイルドカードジムのジムメート。パッキャオのフィリピン・キャンプに同行し、メインスパーリング・パートナーを務めたこともある。

 他方、パッキャオの代理人で試合締結に大きな影響力を持つマイケル・コンシュ氏はパックマンのイスラエルとイタリア観光旅行に同行し米国に帰国。一部で噂されるルスラン・プロボドニコフを下してWBO世界S・ライト級王者に就いたクリス・アルジェリ(米)との対戦を否定した。同時にマルケスとの第5戦に関しても前向きではないと話している