2014年7月21日月曜日

ラウンドアップ 渡邉がIBFアジアタイトル獲得

■日本フェザー級4位の渡邉卓也(青木)が19日、韓国原州でIBFアジア・フェザー級王座決定戦に出場。ヨードピチャイ・シットサイトーン(タイ)を7回10秒KOで下して新王者に輝いた。渡邉は6回にダウンを奪い、最後はヨドピチャイを戦意喪失に追い込んだ。

■5月にIBF世界ミニマム級チャンピオン高山勝成(仲里)への挑戦に失敗したIBF同級9位の小野心(ワタナベ)が8月7日、後楽園ホールの「フェニックスバトル」で再起戦に臨む。ペッチナムチャイ・クラウォン(タイ)と6回戦。この日のメインはWBA女子世界L・ミニマム級王者宮尾綾香(大橋)のノンタイトル10回戦。

■WBCミドル級11位の村田諒太(三迫)が20日夜、キャンプ先の米カリフォルニア州から帰国。ロサンゼルス近郊のビッグベアに9日ほど滞在し、WBA同級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)、IBF・S・ミドル級ランカーのジュリアス・ジャクソン(バージン諸島)らとスパーリングに励んだ。