0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2014年7月26日土曜日

暫定王者エルナンデス、亀田和毅へ入札を要求

 WBO世界バンタム級チャンピオン亀田和毅への挑戦を希望する同級暫定王者アレハンドロ“パヤシート”エルナンデス(メキシコ)の陣営が動きを見せている。WBOからの対戦要求後、エルナンデスのプロモーター、ティト・サバラ氏が「団体(WBO)の命令に従いたい。亀田チームに接触しようとしたが、成功しなかった。パートナーのリカルド・マルドナド・ジュニアといっしょに亀田戦をメキシコシティにセットしたいと願っている」とメディアに発言した。

 そして「WBOの規定では30日の交渉期間で試合が成立しない場合は入札に持ち込まれる。我々はその用意がある」とコメント。米フロリダが本拠地でWBOに強い発言権があるサバラ氏はキューバ系。25日(日本時間26日)のWBOユース・S・フライ級戦をメインとする自身の興行のため、メキシコシティに滞在している。