2014年7月31日木曜日

会計士ボクサー柏野プロテスト受験、9.17デビューへ

 東大経済学部出身で公認会計士の資格を持つ柏野晃平(かしの・こうへい26歳=川崎新田)が31日、後楽園ホールでプロテストを受験。無事合格すれば9月17日同ホールでデビュー戦に挑む。

 柏野は東大ボクシング部出身のサウスポーでアマ時代の戦績は19勝8敗。学生時代は国体と全日本選手権に出場経験があり、2010年の全日本選手権では2回戦でこの大会を制した林田太郎に敗れた。10年のアマ全日本ランキングはL・フライ級6位。

 在学中に公認会計士の資格を取得し、卒業後いったんはボクシングから離れたが、仕事ばかりの生活ではなく、スポーツと両立させようと決意。税理士事務所で働きながら、昨秋トレーニングを再開してこの日のプロテスト受験にこぎつけた。

 スパーリングでバランスのいいボクシングを披露した柏野は「当面の目標は来年の新人王。そこから日本チャンピオンを目指したい」と意欲満々。横浜国大出身で96年にOPBFバンタム級タイトルを獲得し「国立大卒初の王者」として話題を呼んだ新田渉世会長は「日本チャンピオンを狙える力があると思う。ぜひ自分を超えてほしい」と大きな期待を寄せた。テストの合否はあす8月1日発表される