2014年9月28日日曜日

レベデフ、コロジーを撃沈 WBAクルーザー級

 モスクワで27日挙行された2つの世界クルーザー級タイトルマッチのうち、WBA戦は王者デニス・レベデフ(ロシア)が挑戦者11位パヴェル・コロジー(ポーランド)に2回KO勝ち。1年9ヵ月ぶりの勝利を飾るとともに王座を守った。

 初回の攻防で挑戦者の力量を把握したサウスポーのレベデフが2回、左オーバーハンドをアゴに見舞うと、コロジーはキャンバスにダイブ。起き上がったが脚が硬直し、主審は腕を交錯させた。KOタイムは2分18秒。

 レベデフ(26勝20KO2敗)は12年12月のサンタンデル・シルガド(コロンビア)戦以来の勝利。昨年5月、ギエルモ・ジョーンズ(パナマ)に11回KO負けしたが、ジョーンズの薬物使用発覚で、再び王者に認定されていた。世界初挑戦のコロジー(33勝18KO1敗)はプロ初黒星だった。Photo/BoxingScene.com