0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2014年10月2日木曜日

ノックアウト戴冠、ブイトラゴ初黒星

 タイ・ブリラムのTモービル・サッカースタジアムで1日行われたWBAミニマム級暫定王座決定戦はWBA6位ノックアウト・CPフレッシュマート(タイ)がWBO1位カルロス・ブイトラゴ(ニカラグア)に3-0判定勝ち。プロ9勝5KO無敗でベルトを巻いた。このクラスの正規チャンピオンはエッキー・バドラー(南アフリカ)。

 ダウンシーンはなし。総合力で勝ると思われるブイトラゴが前半ペースを掌握。しかし後半に入り、地元ファンの声援を背にノックアウトが徐々に反撃。ニカラグア人はタイ人の強打をかわしながら、ジャブをコネクト。ノックアウトは右目が腫れる。10、11ラウンド攻勢をかけたノックアウトに最終回ブイトラゴが畳み掛ける。

 拮抗したスコアが予想されたが、島川威、金、ロドリゲスの3ジャッジは揃って115-113でタイ人を支持した。