2014年10月7日火曜日

カネロが左足首を負傷、12月の試合は中止に

 メキシコ人スターのサウル“カネロ”アルバレスが左足首を負傷。12月6日米テキサス州ヒューストンで開催の準備が進められていた元IBFウェルター級王者ジョシュア・クロッティ(ガーナ)との試合は、正式発表を待たずに中止となった。

 ゴールデンボーイ・プロモーションのオスカー・デラホーヤ氏によると、カネロは以前から左足首に問題を抱え、3月のアルフレド・アングロ(メキシコ)戦、7月のエリスランディ・ララ(キューバ)戦も痛みを抱えてファイトしていたという。そして12月の試合に向けてトレーニングを始めたところ、症状が悪化したため、12月の試合を断念。ドクターの診断によれば、骨折や腱の断裂はしていないという。

 これでカネロの次戦は2015年に持ち越し。本人はメキシコの特別な祝日である5月5日の試合を希望しているという(カネロは12年5月5日MGMグランドでシェーン・モズリーに判定勝ち)。デラホーヤ氏はカネロとWBC世界ミドル級王者ミゲール・コット(プエルトリコ)との対戦実現に意欲的で、カネロの復帰時期とマッチメークが注目される。