0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2014年10月10日金曜日

小原佳太、大平剛がWBCランク入り

 WBCの10月度ランキングが明らかになった。S・ライト級の小原佳太(三迫)、ミニマム級の大平剛(花形)がそれぞれ15位にランクされた。OPBF王者の小原は初ランク、日本王者の大平はこれでWBAを除く3団体でランクされた。元2階級制覇王者の井岡一翔(井岡)はフライ級9位に入った。

 そのほかの日本勢はS・フライ級にランクされていた赤穂亮(横浜光)がバンタム級の6位に。フライ級15位だったOPBF王者の江藤光喜(白井・具志堅S)は16位に落ちた。ミドル級の村田諒太(帝拳)は8位に上がった。

 月間最優秀選手賞は、S・ウェルター級&ウェルター級王者としてマルコス・マイダナ(アルゼンチン)を返り討ちにしたフロイド・メイウェザー(米)に決定。クリスト・ウロダルチェク(ポーランド)を下してクルーザー級新王者となったグリゴリー・ドロズド(ロシア)が優秀選手に選ばれた。