②excite_650x150_b

②excite_650x150_b

2014年10月11日土曜日

ミニマム2冠王者ロドリゲス、L・フライ級進出濃厚

■高山勝成(仲里)との激戦を制してミニマム級2冠を獲得したフランシスコ“チワス”ロドリゲス(メキシコ)がL・フライ級進出を計画。IBF王座に続き、WBO王座も返上が濃厚だと明かした。IBFは同級3位の高山と4位ホセ・アルグメント(メキシコ)による王座決定戦を通達している。

■10日(日本時間11日)米カリフォルニア州インディオで、WBCフェザー級5位ロビンソン・カステジャノス(メキシコ)が無敗のロニー・リオス(米=IBF7位)に5回TKO勝ち。元シルバー王者カステジャノスが2回に倒して優勢に進めホープをストップ。以前1位を占めながら挑戦できなかった王者ジョニー・ゴンサレスと対戦したいとコメント。

■WBC世界S・フライ級王者カルロス“プリンシペ”クアドラス(メキシコ)が米国進出を果たす。予定される元フライ級王者ソニーボーイ・ハロ(フィリピン)とのV2戦がワシントン連邦区にセットされた。期日は11月13日。初防衛戦でハロの挑戦を受ける予定だったが、先月ホセ・サルガド(メキシコ)との防衛戦(結果は負傷ドローで初防衛)を優先した。