0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2014年10月16日木曜日

長崎国体準々決勝 地元の佐藤も圧勝

 長崎がんばらんば国体、第69回国民体育大会のボクシング競技(アマチュア)は3日目の15日、雲仙市吾妻体育館で少年・成年の準決勝計64試合が行われた。少年・成年を通じて4連覇を狙うフライ級の田中亮明(岐阜・成)、連覇を狙う木本盛宝(大分・成)らの強豪たちが順当に勝ち進んでいる。


 開催県の長崎勢も奮闘し、この日を終えて計4選手が準決勝に勝ち残った。成年のウェルター級では前年度優勝の佐藤龍士が湯川成美(大阪)を圧倒し、3度スタンディングカウントを聞かせて3回TKO勝ちしている。