2014年10月28日火曜日

拳四朗、坂本英生ら初顔 最新日本ランキング

 日本ボクシングコミッションは28日、都内でランキング委員会を開き、10月度ランキングを作成した。アマチュア出身で8月にデビューしてからプロ2戦2勝の拳四朗(BMB)がミニマム級6位に初ランクされた。

 今回は大物食いを達成してランキング入りした選手が目立った。坂本英生(フジタ)は元OPBFバンタム級王者の椎野大輝(三迫)を5回TKOで下してバンタム級9位に初登場。戸井健太(三迫)は元日本S・バンタム級暫定王者の瀬藤幹人(協栄)を2回TKOで下して同級10位に入った。瀬藤はランキングから外れた。

 S・ライト級はランカーの島村国伸(ワタナベ)に競り勝った小口幸太(宮田)が12位に。S・フェザー級はOPBFランカーの小谷将寿(琉球)が15位に入った。日本ミニマム級6位にランクされていた松本直樹(大阪帝拳)は引退により名前が消えた。