2014年10月31日金曜日

バレラ特別表彰、女子の池山&池原も WBO総会

 28日からラスベガスのシーサーズ・パレス・ホテル&カジノで開催されている第27回WBO年次総会で、元3階級制覇の名王者マルコ・アントニオ・バレラ(メキシコ)が2日目の29日、特別表彰を受けた。発足後まもないWBOで、以後の団体の発展に大きく貢献したのが理由。

 フランシスコ・バルカルセル会長は「マルコはグレートボクサーの鏡だった。リングではプロフェショナルらしく勇者だった。WBOが今日あるのもマルコ・アントニオ・バレラとオスカー・デラホーヤが世界的なクオリティーの高いファイトを提供したのが大きい」と賛辞を述べた。

 同じ席では9月、防衛と戴冠を果たしたフチュールジムの2人、WBO女子アトム級チャンピオン池山直とWBO女子ミニ・フライ級チャンピオン池原シーサー久美子がバルカルセル会長から功績を称えられ、表彰された。2人は10月度の優秀チャンピオンに認定されている。Photo/SUMIO YAMADA