2014年11月19日水曜日

ダブル世界戦予備検診 三浦隆司、ロマゴン異常なし

 横浜国際プールで22日ゴングとなるダブル世界タイトルマッチの計量が19日、東京・九段下のホテルグランドパレスで行われた。WBC世界S・フェザー級王者の三浦隆司(帝拳)、挑戦者1位エドガル・プエルタ(メキシコ)、WBC世界フライ級王者のローマン・ゴンサレス(ニカラグア)、挑戦者8位ロッキー・フエンテス(フィリピン)の4人の出場選手が顔をそろえた。

 プエルタのリーチが長いと考えていた三浦陣営だが、意外にも体格に差はないことが判明。三浦は「身長も一緒ぐらいだし、それほどゴツくもなかった」と余裕の表情。プエルタは「ミウラを見て早く試合がしたいと思った」とこちらも強気だった。主な検診結果は以下の通り。

    三浦   プエルタ
身長  169.0cm 172.0cm
首周り 36.5cm  36.0cm
胸囲  91.5cm  94.5cm
リーチ 177.5cm 178.0cm

 怪物ゴンサレスに挑むフエンテスは、この日も笑顔を見せながら「ゴンサレスはすべてにおいて素晴らしいチャンピオン。私はベストを尽くす」と王者をリスペクトする発言。一方、日本でのタイトルマッチもすっかり慣れっことなったゴンサレスは「2人ともコンディションがいい。とてもいい試合になると思う」とこの日もリラックスモードだった。主な検診結果は以下の通り。

   ゴンサレス フエンテス
身長  159.5cm 159.5cm
首周り 36.0cm  36.5cm
胸囲  84.5cm  84.0cm
リーチ 163.0cm 166.0cm

 試合の模様は22日16時45分からWOWOWプライムで放送される。当日は無料放送で、WOWOWに加入していなくても視聴可能。