0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2011年6月28日火曜日

ポンサク挑戦の粉川がタイ入り


7月1日、タイのハジャイでポンサクレックの持つWBC世界フライ級王座に挑戦する粉川拓也が今夕、タイのバンコクに到着した。
 台北経由、10時間という長旅の粉川だったが「機中は寝ていたので疲れはない。気候は思ったより暑くないですね。十分やれそうです、というか勝つと信じています」。現在雨季のタイはスコールがあり気温は確かにあまり高くなく、粉川にとってはプラス材料だ。
 懸念されたウェイトはすでにリミットでのタイ入り。顔つきもほっそりしていたが「食べながら落として約1週間前にリミットにし、食べて動いてを繰り返してキープしています。フライ級は初めてですけど、身体が軽くてよく動けます。全然いけますね(笑)」と余裕の笑顔も。小沢コンディショニングコーチも「計画通り、完璧につくりあげました」。岩佐、嘉陽らトップクラスとスパーリングをしてサウスポー対策も万全だという。粉川はホテルに到着後、5ラウンドほどシャドーなどで動いて食事を摂った。
 一行は明日、試合地ハジャイに飛び、30日検診、計量。1日午後(日本時間5時半予定)にリングに上がる。