0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2014年12月12日金曜日

柴田直子が花形冴美とIBF女子L・フライ級防衛戦

 IBF女子世界L・フライ級王者の柴田直子(ワールドスポーツ)が2月19日、東京・後楽園ホールで花形冴美(花形)を迎えて3度目の防衛戦を行うことが決まった。

 柴田は昨年11月、3度目の挑戦で悲願の世界タイトルを奪取。今年8月には地元の足立区で指名挑戦者アナ・アラソーラ(メキシコ)を9回TKOで下し2度目の防衛に成功した。戦績は13勝4KO3敗。

 一方、前OPBF女子ミニフライ級王者の花形は、9月の同タイトル初防衛戦で小田美佳(宮田)に不覚を取り王座陥落。再起戦で大きなチャンスを得る幸運に恵まれた。2012年12月、WBCアトム級王者の小関桃(青木)に挑戦して以来、世界タイトルマッチは2度目となる。戦績は9勝4KO5敗2分。

 正統派のきれいなボクシングを身上とする柴田は、最近パワーも増して戦いぶりが安定してきた。闘志あふれるファイトが売りの花形と好勝負が期待される。