2014年12月13日土曜日

メイウェザー争奪戦? あすカーンvsアレキサンダー

 ゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)の2014年最後のイベントが明日13日(日本時間14日)ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで挙行される。その計量が12日午後2時半から同アリーナで行われ、メインのアミール・カーン(英)vsデボン・アレキサンダー(米)のウェルター級12回戦は両者ともリミットの147ポンド(66.68キロ)を計測した。試合はカーンの持つWBCシルバー王座が争われるが、勝者が来年5月、現役最強選手フロイド・メイウェザー(米)の相手に抜擢される可能性がある。


 セミファイナル格ではWBAウェルター級暫定王者キース・サーマン(米)が欧州王者レオナード・ブンドゥ(シエラレオネ=伊)を相手に防衛戦。サーマンは146ポンド(66.22キロ)、ブンドゥは146.5ポンド(66.45キロ)だった。GBPが売り出す強打者サーマンも虎視眈々とメイウェザーの相手を狙っている。


 一方、ジョニー・ゴンサレス戦から再起2戦目となる元3階級制覇王者アブネル・マレス(メキシコ=米)はホセ・ラミレス(メキシコ)と10回戦。128ポンド契約の試合はマレスが127ポンド(57.61キロ)だったが、ラミレスは131ポンド(59.42キロ)と大幅にオーバー。再計量に臨む。ショータイムが全米へ放送する最初の試合ではチャーロ・ツインブラザーズの1人ジャモール・チャーロ(米)がレニー・ボッタイ(伊)とIBF・S・ウェルター級挑戦者決定戦。両者ともリミットの154ポンド(69.85キロ)だった。

 また日本から出場のOPBFウェルター級王者、亀海喜寛(帝拳)は契約リミットの151ポンド(68.49キロ)、対戦相手のオスカー・ゴドイ(米)は150ポンド(68.03キロ)を計測した。Photos/GBP