2014年12月13日土曜日

ララ、スミスに大差の勝利 WBA・S・ウェルター級

 米テキサス州サンアントニオのアラモドーム内のザ・シアターで12日(日本時間13日)行われたWBA世界S・ウェルター級タイトルマッチは、王者エリスランディ・ララ(キューバ)が挑戦者10位で元IBF同級王者イシェ・スミス(米)に3-0判定勝ち。暫定王者時代とあわせると2度目の防衛を果たした。

 サウスポーのララは前回のカネロ・アルバレス戦の延長のようなボクシング。なぜかテンションが上がり過ぎて冷静さを欠くスミスを巧妙にアウトボックスする。スミスはボディーに的を絞り、断続的にパンチをコネクトするが、ララは武器の左ストレートでポイントをピックアップ。最後まで鈍重にレバー打ちを放つ挑戦者だが、ダメージを植えつけることはできなかった。公式スコアは119-109が2者に117-111と大差でキューバ人の手が上がった。

 ララ(20勝12KO2敗2分)は対戦したい相手にリングサイドで観戦したこの日のプロモーターでWBAスーパーチャンピオンのフロイド・メイウェザーを指名した。セミでは“マネー・チーム”の1人WBC・S・ミドル級7位バドゥ・ジャック(スウェーデン)がフランシスコ・シエラ(メキシコ)に6回1分58秒TKO勝ち。