2014年12月21日日曜日

井上尚弥の父、真吾トレーナーにエディ賞

 その年最も活躍したトレーナーに贈られる第25回エディ・タウンゼント賞の選考会が21日都内で開かれ、国内最短記録となるプロ6戦目でWBC世界L・フライ級タイトルを獲得した井上尚弥(大橋)の父、井上真吾トレーナーが選ばれた。往年の名伯楽エディ・タウンゼントの名を冠したこの賞は、国内のトレーナーを表彰する唯一の賞。

 真吾トレーナーは長男の尚弥、次男の拓真を幼少のころから指導。尚弥が昨年プロデビューを果たし、今年4月には国内記録となるプロ6戦目で世界タイトルを獲得した。9月には初防衛に成功。今月30日には早くも2階級制覇をかけてWBO世界S・フライ級王者オマール・ナルバエス(アルゼンチン)に挑戦する。井上兄弟は弟の拓真もプロ3戦にして既に世界ランク入りしている。表彰式の日程は決まっていないが、1月中に後楽園ホールで行われる予定。