2015年2月13日金曜日

亀海喜寛、3.20米カリフォルニア州に登場

 WBCウェルター級12位につける亀海喜寛(帝拳)が3月20日、米国カリフォルニア州インディオのファンタジー・スプリングス・カジノのリングに上がることになった。対戦相手は世界挑戦経験者でビッグネームとの対戦も多いアルフォンソ・ゴメス(メキシコ)。試合はメインイベントで行われる予定。

 層の厚い中量級で世界を目指す亀海(25勝22KO2敗1分)は、昨年のロバート・ゲレロ(米)、オスカー・ゴドイ(米)戦に続き、3戦連続で米国でのファイトとなった。通算では6度目の米国リングとなる。

 ゴメスはキャリア豊富な34歳のメキシカンで、07年にアルツロ・ガッティ(米)、09年にヘスス・ソトカラス(メキシコ)、10年にホセ・ルイス・カスティージョ(メキシコ)を下した。敗れはしたものの08年にミゲール・コット(プエルトリコ)、11年にサウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)にそれぞれ世界挑戦した経験を持つ。

 12年に前IBF同級王者ショーン・ポーター(米)に敗れて2年のブランクを作ったが、昨年7月の復帰戦で世界ランカーのエド・パレデス(米)に判定勝ちした。戦績は24勝12KO6敗2分。海外で勝負する亀海にとっては正念場となる一戦になるだろう。