2015年4月11日土曜日

ブルックがギャビンと防衛戦、アブリルは休養王者に

■IBF世界ウェルター級王者ケル・ブルック(英)が5月30日、ロンドンのO2アリーナで2度目の防衛戦。ブルックは3月28日に初防衛に成功したあと、同じ英国のアミール・カーン戦を希望していたが、カーンは拒否。挑戦者は同じく英国のフランキー・ギャビンとなった。当日はほかに、WBCライト級王者ホルヘ・リナレス(帝拳)vsケビン・ミッチェル(英)、IBFフェザー級王者エフゲニー・グラドビッチ(ロシア)vsリー・セルビー(英)も組まれている。

■10日モスクワで行われたWBA世界クルーザー級タイトルマッチは、王者デニス・レベデフ(ロシア)が挑戦者ユーリ・カレンガ(コンゴ=仏)を3-0判定で下して防衛成功。試合は挑戦者が4回に王者をキャンバスに送り、7回にレベデフがダウンを奪い返すというエキサイティングな展開だった。スコアは115-112×2、116-111。

■WBAが10日付で最新ランキングを発表。英国で18日に行われる予定だったデリー・マシューズ(英)との防衛戦を試合直前にキャンセルしたライト級王者リチャード・アブリル(キューバ)は休養王者に。暫定王者のダーレイ・ペレス(コロンビア)が正規王者に昇格した。日本勢に大きな変化はなし。