2015年4月25日土曜日

ジャックがディーレル攻略、WBC・S・ミドル級

 24日(日本時間25日)シカゴで行われたジェイコブスvsトゥーアックス戦と同じリングで、WBC世界S・ミドル級王者アンソニー・ディーレル(米)が王座を失った。試合は挑戦者バドゥ・ジャック(スウェーデン)が2-0判定勝ちで王座を奪取した。

 序盤“ザ・ドッグ”のニックネームを持つディーレルが攻め立てる展開でスタート。しかし王者のプレスが弱まると、身長、リーチで勝るジャックが中盤ペースを掌握。終盤11回、ディーレルの左フックを浴びたが、最終回はジャブで王者の攻撃を遮断。公式スコアはジャッジ1人が114-114のイーブンだったが、他は115-113、116-112でジャックの勝ちだった。

 ジャック(31)は19勝12KO1敗1分。父親が西アフリカのガンビア出身で母がスウェーデンン人。ラスベガス在住でメイウェザー・プロモーション所属。ジェイコブス同様、癌を克服して王者に就いたディーレル(27勝22KO1敗1分=30)は初黒星を喫するとともに初防衛に失敗した。Photo/BoxingScene.com