0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2015年5月25日月曜日

訃報 ベテランジャッジの桑田和昌さん逝く

 56年前にライセンスを取得し、海外の世界戦でも数多くジャッジを務めた桑田和昌さんが13日亡くなった。77歳だった。葬儀は故人の遺志により家族のみで執り行った。

 桑田さんは8年前に前立腺がんを患ってから闘病生活を続けていた。以降も体調のいいときには山口県周南市の自宅から試合会場にかけつけ、ジャッジを務めることがあった。近年では、2012年8月に沖縄で行われたOPBF・S・フェザー級タイトルマッチ、王者ジョムトーン・チューワッタナ(タイ)と挑戦者中真光石(沖縄ワールドリング)のジャッジを務めた。

 日本ボクシングコミッション西部事務局によると、桑田さんは5月上旬「5月10日から夫婦でソウルに旅行するので、帰ってきたらまた試合に行く」という連絡があったそうだが、その後は連絡が取れず、帰らぬ人となった。