2015年5月31日日曜日

ブルックTKO防衛、セルビーはグラドビッチ下し戴冠

 リナレスvsミッチェルと同じロンドンのO2アリーナで30日行われた世界タイトル戦。メインのIBF世界ウェルター級タイトルマッチは、王者ケル・ブルック(英国)が同国の挑戦者フランキー・ギャビンに6回2分51秒TKO勝ち。2度目の防衛を果たした。

 予想有利のブルックがスタートから距離を詰めて、コンビネーションを浴びせる展開で進行。元アマチュアスターのギャビンはジャブを繰り出すものの、ブルックのアタックをクリンチで凌ぐのが精一杯。6回、ブルックが右強打でロープへ釘付けにし、挑戦者が崩れかかると、レフェリーが割って入った。

 一方、IBF世界フェザー級タイトルマッチは、指名挑戦者リー・セルビー(英国)が5度目の防衛戦に臨んだ王者エフゲニー・グラドビッチ(ロシア)に8回1分負傷判定勝ちでベルトを獲得した。序盤、ラッシャー、グラドビッチをアウトボックスしたセルビーに、4、5回グラドビッチが連打で反撃。6回を制したセルビーが攻勢を持続。8回、グラドビッチの左目の傷をチェックしたドクターがストップをかけ、80-72、79-73が2者の3-0でリードしていたセルビーの手が上がった。スコアはもっと拮抗していたという見方もある。グラドビッチはプロ初黒星。Photo/SUMIO YAMADA