0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2015年7月19日日曜日

クエンカがIBF・S・ライト級王座獲得、ドネア快勝

 トップランク社のイベントが18日、中国マカオのベネチアン・リゾート・マカオで行われ、IBF世界S・ライト級王座決定戦は、同級1位セサール・クエンカ(アルゼンチン)が同級2位イク・ヤン(中国)に3-0判定勝ち。初の世界タイトル獲得に成功した。スコアは117-110、115-110、116-109。また、5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)はアントニー・セトゥル(フランス)に2回TKO勝ちした。


 クエンカはこれで47勝2KO無敗。これは世界チャンピオンとしては、49戦無敗のロッキー・マルシアーノ、48戦無敗のフロイド・メイウェザーに次ぐ長期無敗記録だという。


 日本S・ライト級9位の吉田龍生(本田フィットネス)は無敗のオリンピアン、ホセ・ラミレス(米)に3回終了TKO負け。IBFライト級1位デニス・シャフィコフ(ロシア)は、かつて内山高志(ワタナベ)に挑戦した経験を持つロイ・ムクリス(インドネシア)に3回1分14秒TKO勝ち。無敗のWBO・S・フライ級4位レックス・ツォ(香港)はタイ選手に4回2分55秒TKO勝ちした。Photos/SUMIO YAMADA