②excite_650x150_b

②excite_650x150_b

2015年7月26日日曜日

ロマゴン覚悟! ビロリア初回KO勝ち

 フライ級上位ランカーで(WBO1位、WBC2位、WBA3位)元2階級制覇王者ブライアン・ビロリア(米)が25日夜(日本時間26日)ロサンゼルスのハリウッドに登場。元ランカー、オマール“ロビート”ソト(メキシコ)に初回2分2秒KO勝利を飾った。

 10年7月、フィリピンで対戦している両者(ビロリアの判定勝ち)。フアン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)に2冠(WBO&WBA)を奪われた後、以前のパンチャーぶりが復活しているビロリアは仕事が早かった。右でリング中央にソトを倒すと、同じパンチでダウンを追加。最後は左レバーを撃ち込んでまた倒し、3連続KO勝ちとなった。

 空位のWBC・FECARBOXフライ級王座を獲得したビロリア(34)は36勝22KO4敗2無効試合。コーナーにフレディ・ローチ氏が復帰した元王者はWBC王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)、エストラーダ挑戦に意欲を見せている。ゴンサレスに挑戦歴があるソト(35)は23勝7KO12敗2分。Photo/TopRank