2015年8月24日月曜日

藤岡奈穂子が3階級制覇に挑戦、10.19後楽園ホール

 WBA女子世界S・フライ級王者の藤岡奈穂子(竹原&畑山)が10月19日、東京・後楽園ホールでユ・ヒジョン(韓国)とWBO女子世界バンタム級王座決定戦を行うことになった。勝てば日本女子選手初の3階級制覇となる。

 藤岡(40歳=13勝6KO1敗)は2011年にWBC女子世界ストロー級タイトルを獲得。同王座を2度防衛したあと、山口直子からWBA・S・フライ級王座を奪取して2階級制覇を成し遂げた。昨年11月、ドイツでWBAフライ級王者スージー・ケンティキアンに挑戦するも判定負け。今回が2度目の3階級制覇挑戦だ。ユはここまで15勝6KO2敗のレコードを残している35歳。今回が初めての世界タイトルマッチとなる。

 同じイベントには竹原&畑山の元アマ全日本王者2人も登場。上林巨人が細貝淳(ワールド日立)と、丸亀光が日本S・バンタム級4位ジョナタン・バァト(カシミ)とそれぞれ8回戦を行う。