2015年8月24日月曜日

ドミニカのバレラ、WBA・L・ヘビー級暫定王座獲得

■ロシア・クリミア半島のヤルタで23日行われたWBA・L・ヘビー級暫定王座決定戦は、WBA8位フェリックス・バレラ(ドミニカ共和国)が前WBA・S・ミドル級暫定王者スタニスラフ・カスタノフ(ウクライナ)に3-0判定勝ち。スコアは116-112、115-113、117-111でバレラ。新王者は初の判定勝利で13勝12KO無敗。

■同じリングに前WBAミドル級暫定王者ディミトリ・チュディノフ(ロシア=現2位)が登場。8回戦でジェラード・アジェトビッチ(セルビア)に3-0判定勝ち。クリス・ユーバンク(英)戦から再起した。またWBA・S・ミドル級インターコンチネンタル王座決定戦は無名のディルムロッド・サティバルディエフ(ロシア)がスティーブンソンに挑戦したディミトリ・スホットスキー(ロシア)に2-1判定勝ちする番狂わせ。

■プエルトリコのファハルドで22日(日本時間23日)挙行されたWBAフェデラティン・バンタム級王座決定戦はWBO7位エマヌエル“マニー”ロドリゲス(プエルトリコ)がアレックス・ランヘル(メキシコ)に7回TKO勝ち。ロドリゲス(13勝9KO無敗)はWBCラティーノ同級王座も保持している。

■ウラジミール・クリチコ(ウクライナ)に挑むタイソン・ヒューリー(英)は隣国アイルランドのカッスルバーでキャンプを予定していたが、プロモーターのミック・ヘネシーによると、英国に留まり試合に備えるという。