2015年9月22日火曜日

エルナンデス王座はく奪、IBFクルーザー級

 10月2日アルゼンチンで暫定王者ビクトル・エミリオ・ラミレス(アルゼンチン)と防衛戦を予定していたIBF世界クルーザー級王者ヨアン・パブロ・エルナンデス(キューバ=ドイツ、写真)だが、ヒジの負傷ヒジと病気が重なり出場不可能に。IBFは昨年9月を最後にリングから離れているエルナンデスの王座をはく奪した。

 同時にラミレス(22勝17KO2敗)が正規チャンピオンへ昇格。ラミレスは同日、ランキング14位オビル・マッケンジー(英)と防衛戦を行う運びとなった。ラミレスは09年にWBO同級王者に就き、マルコ・フック(ドイツ)に敗れ無冠となった。マッケンジーは25勝13KO12敗と平凡な戦績ながら最近4連勝と好調だ。