②excite_650x150_b

②excite_650x150_b

2015年11月15日日曜日

前WBCヘビー級王者スタイバーンが再起

■1月にデオンタイ・ワイルダー(米)にタイトルを奪われた前WBC世界ヘビー級王者のバーメイン・スタイバーン(ハイチ=カナダ、写真)が14日、ラスベガスのハードロックホテル&カジノで再起戦。デリク・ロッシー(米)に10回判定勝ちした。スタイバーンは初回、30勝14KO10敗のロッシ―の右でダウンを喫するまさかの立ち上がり。その後挽回したものの、スコアは96-93×2、95-94で快勝とはいかなかった。

■王者候補として注目されながら5月につまづいたWBCライト級11位アドリアン・エストレージャ(メキシコ)が14日、メキシコのサンルイスポトシでオルレン・パディーリャ(コロンビア)に3回TKO勝ち。再起2勝目を飾った。エストレージャは5月、賭け率40-1と圧倒的有利の状況でエデン・ソンソナ(比)に2回TKO負けした。戦績は23勝21KO1敗。

■12月5日と発表されていたIBF世界ライト級王座決定戦、同級1位デニス・シャフィコフ(ロシア)と元IBF世界S・フェザー級王者で3位ランセス・バルテレミー(キューバ)の試合が12月18日にリセットされた。プレミア・ボクシング・チャンピオンズのイベントで、試合会場はラスベガスのパームス・カジノ・リゾート。メインは元WBA世界L・ヘビー級王者で現WBAクルーザー級暫定王者のベイブ・シュメノフ(カザフスタン)が元WBC同級王者クリストフ・ウロダルチュク(ポーランド)と対戦する。