2015年11月25日水曜日

元ヘビー級王者ヘイが復帰戦、1月豪州のデ・モリと

 カムバックの噂が立ち込めては消えていた元WBA世界ヘビー級王者デビッド・ヘイ(英)の復帰戦がようやく決まった。ヘイ(35)は来年1月16日ロンドンのO2アリーナで、WBA11位マーク・デ・モリ(豪州)と対戦することになった。試合のプレゼンが24日、同アリーナで行われた。

 ヘイは12年7月、デレク・チゾラ(英)をTKOで下して以来3年半ぶりの登場。「ロープをくぐってリングインできることがとてもうれしい。リングは私のベストな仕事場だ。半年前から復帰が具体化していたけど、紆余曲折があった。でも“ヘイメーカー”はついにカムバックする。私はチームを一新し、ニュールックとニューインスピレーションを持って再びゴールを目指す」と発言。新トレーナーにS・バンタム級王者カール・フランプトン(北アイルアンド)と同じシェーン・マクギガンを迎えた。

 対するデ・モリ(31勝26KO1敗)は大物との対決に興奮気味。「長年待ち受けた一戦が決まった。ビッグネームを破り世界チャンピオンに就く。このアリーナで私は1月16日、光り輝く。デビッド・ヘイをノックアウトして再び引退させてやる」と豪語。

 試合は地元コミッションに相当するBBBofC(英国ボクシング・コントロール委員会)がヘイのブランクが長いことから承認を拒否。イギリス国内の試合ながらGBA(ドイツ・ボクシング協会)が管理する。Photo/BoxingScene.com