0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2016年1月21日木曜日

内山高志アスリート・ドレッサー賞、山中慎介も出席

 雑誌「アスリート・サファリ」がファッションの優れたアスリートを表彰する「アスリート・ドレッサー・アワード2016」の授賞式が21日、東京・有楽町の阪急メンズ東京で開かれ、WBC世界S・フェザー級王座を11度防衛中のスーパー王者、内山高志(ワタナベ)が出席した。

 レッドカーペットでモデルウォークを披露した内山は「試合で入場するときは楽しいけど今日は慣れないので緊張した」と初のモデル体験に苦笑い。それでも「もっと防衛して(具志堅用高のV13)記録を塗り替えたい」と集まったファンの前で力強くアピールした。他の受賞者はレーシングドライバーの伊藤大輔、サッカー名古屋グランパスの川又堅碁、プロ野球ソフトバンクの松田宣浩、ラグビー日本代表の山田章仁。

 授賞式のあとには、この賞を過去に2度受賞しているWBC世界バンタム級王者の山中慎介(帝拳)が登場。元サッカー日本代表選手の鈴木啓太さんとトークショーを行い、中学生時代に古着に目覚め、お年玉で3万円のデニムを買ったエピソードなどを披露して会場を盛り上げた。

 山中は3月4日、島津アリーナ京都に元WBA世界S・フライ級王者のリボリオ・ソリス(ベネズエラ)を迎えて10度目の防衛戦が決定している。間もなくスパーリング・パートナーが来日予定で、早ければ来週にも本格的なスパーリングに突入するという。