0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2016年2月4日木曜日

元世界王者対決、マレスvsモンティエルが決定

 米国コネチカット州で3月12日に開催されるプレミア・ボクシング・チャンピオンズ、WBA世界ウェルター級王者キース・サーマン(米)vs元IBF王者ショーン・ポーター(米)の前座で、アブネル・マレス(メキシコ=米、写真左)とフェルナンド・モンティエル(メキシコ、写真右)の元世界王者対決が決定した。試合の模様は米4大ネットワークのCBSが全米に中継する。

 元3階級制覇王者のマレスは2013年8月、同胞のジョニー・ゴンサレスにまさかの初回負けを喫してWBC世界フェザー級王座から陥落。昨年8月にレオ・サンタクルス(メキシコ=米)とWBAフェザー級スーパー王座をかけて争い、判定負けに終わった。

 一方、こちらも世界3階級を制覇しているモンティエルは昨年10月、IBF世界フェザー級王者リー・セルビー(英)に挑戦。11年にノニト・ドネア(比)に衝撃のKO負けを喫して以来の世界タイトルマッチとなったが、大差判定負けで3階級制覇達成はならなかった。

 実績のある元世界王者対決となったが、36歳のモンティエルにとっては再浮上をかけたラストチャンスか。30歳のマレスも下り坂に入った印象があり、生き残りをかけたサバイバルマッチと位置付けられそうだ。