②excite_650x150_b

②excite_650x150_b

2016年2月22日月曜日

LAのオリンピック・オーディトリアムが再開!?

 米ロサンゼルスのダウンタウンにある老舗アリーナ「ザ・オリンピック・オーディトリアム」が再びボクシング興行で使用される可能性が出てきた。通称「オリンピック」と呼ばれた建物は現在、韓国系米国人の教会「グローリー・チャーチ・オブ・ジーザス・キリスト」に名前を変えている。

 米国サイト、スイート・サイエンス・ドットコムによると、19日(日本時間20日)いとこに当たるディエゴ・デラホーヤ(メキシコ)がKO勝ちを飾った後、ゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)CEOオスカー・デラホーヤ氏が明かした。いとこの快勝にゴキゲンの同氏は、ディエゴと自身の息子デボン・デラホーヤ(デビュー戦)のダブルメインイベントを6月、オリンピック・オーディトリアムで計画していると語った。

 1930年代に建設された「オリンピック」は60年代あたりから西海岸のメッカとして隆盛。定期興行を中心に数々の名勝負の舞台となった。その後老朽化と興行形態の変化(定期興行の減少)などで80年代後半、一時閉鎖された。90年代に入り改築されたアリーナで地元プロモーター、トップランク社が試合を開催する時期を経て、GBPが世界戦、注目カードを何度か挙行した。しかし05年6月を最後にボクシング興行は行われていない。

 教会の活動に関するニュースはなく、GBPがどのような方法でボクシングを復活されるかはまだ不明。しかしフランシスコ・バルガスvsオルランド・サリド(ともにメキシコ)のWBC世界S・フェザー級戦も実現すれば「オリンピック」で開催という話もあり、続報が待たれる。