2016年4月5日火曜日

ブローナー出頭、視聴件数は好調101万件

■傷害と強盗などの罪の疑いがもたれている元4階級制覇王者エイドリアン・ブローナー(米=写真左)が4日朝、シンシナティの警察に出頭。10万ドル(約1100万円)の保釈金を払い、2時間半後に釈放された。ブローナーは1月21日早朝、賭けボウリングでトラブルとなった男性に暴行を加え、1万2000ドル(約約133万円)を奪ったとされる。

■そのブローナーが1日、アシュレイ・シオフェン(英)に9回TKO勝ちした試合が、スパイクTVで視聴件数101万3000件をマーク。これはプレミア・ボクシング・チャンピオンズの興行で過去最高の視聴件数とのこと。ブローナーは試合前日に計量失格、WBA世界S・ライト級スーパー王座をはく奪された。

■9日にロンドンO2アリーナで開催されるビッグイベントで防衛戦を行うことが決まったWBA世界バンタム級正規王者ジェイミー・マクドネル(英=写真右)の相手がフアン・アルベルト・ロサス(メキシコ)からフェルナンド・バルガス(メキシコ)に変更。ロサスがスパーリングで負傷したことによるもの。世界初挑戦のバルガスは29勝20KO9敗3分。

■3月26日ロンドンでクリス・ユーバンクJr(英)に敗れ、意識不明の重体に陥っていたWBCミドル級15位ニック・ブラックウェル(英)が意識を回復。3日には家族と会話できるまでに回復したとのこと。ブラックウェルが所属するヘネシー・スポーツがメディアに発信した。