2016年4月27日水曜日

元世界チャンピオンが熊本地震の募金活動

 トリプル世界タイトルマッチが開催された27日の大田区総合体育館で、今月14日に発生した熊本地震の被災者を支援する募金活動が行われた。主催は日本プロボクシング協会、世界チャンピオン会、ワタナベジム。日本プロボクシング協会の原田政彦終身名誉会長ら元世界王者がたくさん集まった。

 募金の冒頭で世界チャンピオン会のガッツ石松会長が「熊本地震で苦しんでいる人たちのために、少しでも役に立てたらと思い、募金活動をいたします」とあいさつ。元世界王者で神戸市出身の佐藤修さんは「阪神大震災で多くの方のお世話になった。今回はこちらが協力させていただく番」と述べた。

 ほかに参加した元世界王者は浜田剛史、渡嘉敷勝男、飯田覚士、竹原慎二、坂田健史、ワタナベジムから元日本王者の福原力也、柴田明雄、現日本王者の荒川仁人らが参加した(敬称略)。5月8日、有明コロシアムで行われる大橋ジム主催のダブル世界タイトルマッチでも同様の募金が行われる予定。