0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2016年5月15日日曜日

ボクシング・ビート6月号、好評発売中!

 今月のボクシング・ビートは通常よりも1日早い14日に全国の書店で発売となりました。最新6月号は井上尚弥-ダビ・カルモナのWBO世界S・フライ級戦が表紙。モンスター井上が拳を負傷しつつも最終回にダウンを奪うなど大いに魅せてくれた試合のリポートも迫力のカラーページで展開。

 巻頭には誰もが驚いた内山高志-ジェスレル・コラレス戦の試合。日本のボクシングファンに大きなショックを与えた内山の敗戦については「内山の陥落の衝撃」と題しワイド特集も編んでいます。無敵のスーパー王者はなぜ負けたのか、パナマに凱旋した勝者コラレス、また選手関係者のコメントも集めました。

 読物では「パッキアオ“ラストファイト”のあと」「ヘビー級・生き残るのは誰だ」等海外の話題も満載。連載対談「飯田覚士の直撃トーク」はフレッシュ・ゲストで拳四朗を招きました。ほか、去就が注目される清水聡(ロンドン五輪銅メダリスト)のプロ転向に関する情報もビートならではの特集記事でお届けします。どうぞ手にとってお楽しみください。

ボクシング・ビート6月号主な内容
■特報 WBA世界S・フェザー級スーパー王座タイトルマッチ「なんと! 内山やられた…」 WBO世界S・フライ級タイトルマッチ「試練の井上“判定”でも魅せた」 ■海外ビッグファイト・リポート 止まらない! ゴロフキン16連続KO防衛/ゴンサレス3年半ぶりの判定勝ち/カネロ、右一発でカーン沈める ■試合リポート 前世界王者三浦ワンパンチKOで再起/チャンピオン・カーニバル終盤戦ほか ■特集 「再び記録に注目!」「ワイド:内山陥落の衝撃~無敵のスーパー王者はなぜ負けたのか」「特報:清水聡がプロ決断」「リングサイドの女の闘い」「パッキアオ“ラストファイト”海外の反応」「ヘビー級情報:生き残るのは誰だ モスクワの米露決戦展望」ほか ■連載 浜田剛史のトップ選手ウォッチ「アンソニー・ジョシュア」/ジョー小泉の珍談奇談/藤島大「キャンバスの匂い」/尾崎恵一「KOトーク」 ■アマチュア リオ五輪最終予選迫る!