2016年5月14日土曜日

小澤瑶生&フアレス計量パス、あすメキシコでゴング

  WBC女子インターナショナルS・フライ級タイトルマッチの前日計量が14日、試合地のメキシコシティで行われ、王者マリアナ“バービー”フアレス(メキシコ)がリミットの52.1キロ、挑戦者のOPBF女子同級王者、小澤瑶生(フュチュール)が52.0キロでクリアした。勝者は同王座とともに、王者スリナ・ムニョス(メキシコ)への挑戦権を獲得する。

 無事計量を終えた小澤(10勝3KO2敗)は「大きなチャンスを与えてもらって本当に感謝です。メキシコに入って、ボクシングの盛り上がりのすごさも毎日感じています。この舞台で絶対に勝って帰りたいです!」との意気込みを発信した。

 36歳になった元WBC女子世界フライ級王者のフアレス(42勝17KO8敗4分)は日本人選手との対戦も多く、これまで真道ゴー(グリーンツダ)、天海ツナミ(アルファ)といった世界王者経験者に勝利する一方で、2013年に東郷理代に初回TKO負けを喫し、昨年3月には3階級制覇王者の藤岡奈穂子(竹原&畑山)にも敗れている。30歳で初の海外遠征となる小澤にも期待が集まる。=写真提供:フュチュールジム=